Aligned Energy、バージニア州アッシュバーンの拡張開始

データセンタープロバイダーのAligned Energyは、米バージニア州アッシュバーンの26エーカーのキャンパスの第2フェーズ作業を開始しました。

完成時には、このサイトは100万平方フィート(93,000平方メートル)の敷地にデータセンター、オフィス、およびアメニティスペースを提供し、180MWの総クリティカルロード(臨界負荷)が供給される予定です。 ※今回のフェーズでは120MWが追加される。

データセンターハブ

昨年9月に完了した第1フェーズは、369,000平方フィート(34,200平方メートル)、60MWの容量でした。

双方のビルには、Aligned社が特許取得済みの冷却システムが導入され、同じデータホール内で異なるIT機器の電力密度(ラックあたり1kW〜50kW)の冷却に対応します。

「アッシュバーンは引き続き重要な成長地域であり、更なるキャパシティをこの「データセンター横丁」で提供できることに興奮している。」とAlignedのCEO、Andrew Schaap氏は述べています。

「顧客の高度化、およびこの地域での開発と需要のレベルは、従来にないスピードでの市場投入とソリューションの汎用性が必要であり、従来型のデータセンター構築や運用方法論の限界を超えている。」

‐ shutterstock

バージニア州北部地域は、世界最大のコロケーション市場と見なされており、特にラウドン郡アッシュバーンには、世界で最も高密度な光ファイバ網が引かれています。

Data Center Dynamics

原文はこちら