Rennes, France

マイクロソフト、仏レンヌにデータセンターを検討

ラ・ジャネ工場跡地に建設予定

マイクロソフトがフランスのレンヌにデータセンターの建設計画を申請しました。

このデータセンターは、自動車製造で知られるラ・ジャネ工場跡地に建設される予定です。

このプロジェクトはまだ初期段階にあり、マイクロソフトはシャルトル・ド・ブルターニュ自治体と「メガ」データセンターの初期契約を結びました。

データセンターの詳細はまだ明らかにされておらず、この提案はいくつかの反発に直面しています。

この工場は1961年にシトロエン車のために建設され、1976年にプジョーがシトロエンの株式の過半数を取得した際にPSAグループが買収しました。2021年1月、PSAとフィアット・クライスラー・オートモービルズが合併し、ステランティスが設立されました。

この場所には、2027年に予定されているサフランの航空機エンジン部品生産工場も計画されています。

レンヌ・メトロポールのNathalie Appéré会長によると、ラ・ジャネ地区は 「4.0活動ゾーン、明日の産業を迎える場所…持続可能な建設とカーボンフリーモビリティのため」となることが期待されています。

しかし、Appéré はマイクロソフトのデータセンターについて、 「ラ・ジャネはこの種の活動を収容するために意図されていません。」と述べ、「そのような土地を消費する活動を収容する能力を超えています。」と付け加えました。

マイクロソフトは、ラ・ジャネの提案が拒否された場合、ノルマンディー、アキテーヌ、ブルターニュでも場所を探していると報じられています。

2023年末、マイクロソフトはCimplon、Metsys、Advens、Roullierグループと共同でレンヌにサイバーセキュリティ学校を設立しました。

マイクロソフトは現在、パリに 「France Central」と呼ばれるAzureクラウドのリージョンを置いています。これは3つのアベイラビリティゾーンで構成されています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。