DigitalBridgeグループのDigita、ヘルシンキに新デーセンター建設

フィンランドの通信タワーオペレーターDigita Oyは、ヘルシンキに新しいデータセンターを建設することで、データセンター事業に多額の投資を行う予定であると発表しました。新データセンターは、2023年までに完成予定で、同社の現在のデータセンター施設のすぐ近くに設置されます。

同社はテレビ・ラジオ放送局や通信モバイルネットワーク事業者をサポートするためにタワーサイトのポートフォリオを運営しており、フィンランド国営放送局Yleisradio のメディアキャンパス内にあるPasila Broadcasting Towerから364平方メートルのコロケーションサービスを提供しています。

Digita OyのCOOであるマークス・アラハウタラは次のように述べています。「 当社のデータセンターサービスは引き続き堅調で、今回Pasilaの通信クラスターに新しい施設を建設して事業を拡大することにしました。施設は2023年初頭に完成する予定です。当社のデータセンターがデータ通信の中心に位置していることや、顧客中心主義、信頼性、機動性に富んだ運営方法は高く評価頂いており、今回新しく設備を提供できることを非常に嬉しく思います。」



Digital Infra Network (Elliot Robinson 記者)より抄訳・転載



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。