テスラ、上海にデータセンターを建設

電気自動車メーカーのテスラが、中国の上海でのデータセンター建設を進めています。

同社は、中国国内の車両から収集したデータを取り扱うために、6月末までに新施設を建設する予定であると報じられています。施設の仕様や場所は公開されていません。中国が合弁事業に関する法律を緩和した後に建てられたギガファクトリーはテスラが100%所有していますが、データセンターをパートナー企業と共同で運営するかどうかについては明らかになっていません。

このニュースは、 21st Century Business Heraldに掲載された、テスラ中国のコミュニケーション・政府関係部門の責任者であるグレース・タオ氏のコメントによるものです。

テスラは以前、中国のサイバーセキュリティ法を遵守するために、すでに中国国内にデータを保存していると述べていましたが、これはおそらくサードパーティ施設でホストされていたものと思われます。

「Tesla Chinaは中国に拠点を置く企業であり、中国のすべての法律と規制に従わなければなりません」とタオ氏は先週の会議で述べていました。「実際、私たちのデータは非常によく保護されています。中国のデータは中国に保存されます」

中国軍は、テスラの車両に搭載されたカメラが機密情報を得るためのスパイ活動に使用されるのではないかと懸念しており、最近では同軍の施設への車両の持ち込みを禁止したと報じられています。

イーロン・マスク氏は3月、北京で開催された政府フォーラムで、ビデオ会議を通じて次のように話していました。「もしテスラが中国やどこかでスパイ活動に車を使ったら、我々は閉鎖されることになるだろう」

2013年、コカ・コーラは、同社の配送トラックに新たに搭載されたGPSトラッカーが機密情報のマッピングに使用される恐れがあるとして、中国政府の監視下に置かれました。

尚、テスラの中国ギガファクトリーは上海にあります。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。