QTS、アトランタのデータセンターキャンパス内に複合施設を建設へ

QTS Data Centersは、米国ジョージア州アトランタにある同社のジェファーソン・ストリート・キャンパス内に別のデータセンター(110万平方フィート)を建設する計画をジョージア州委員会事務局に提出しました。

「Project Granite」という名称で提出されたこの計画では、QTSが約36エーカーの土地に、データセンター、オフィス、店舗、住宅を含む230万平方フィートの複合施設の開発が行われます。

ジェファーソン通り1033番地の敷地には、1105万平方フィート(10万6千平方メートル)のデータセンター、64万平方フィート(5万9千平方メートル)のオフィス、7万平方フィート(6千5百平方メートル)の小売店・レストラン、400戸の住宅が建設される予定です。デベロッパーはWest Midtown Acquisition Company, LLCとなっており、2024年までに完成が予定されています。

アトランタは大規模データセンターキャンパスの拠点となりつつあり、QTSは昨年アトランタに72MWのDC2施設を開設し、FacebookMicrosoftもアトランタにキャンパスを構えています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。