ブルガリアのNeterra がソフィア第2データセンターを着工

ブルガリア発のデータセンターニュース

ブルガリアの通信会社Neterra Telecommunicationsは、首都ソフィアで2棟目のデータセンターの建設に着工しました。

4階建て、1,400平方メートル(15,000平方フィート)のこの施設は、Sofia Data Center 2(SDC-2)と呼ばれ、Neterra SDC-1施設の向かいに位置し、 Tier III Uptime基準に基づき構築が行われます。建設は2021年後半に完了が予定されています。

施設は2MWの容量を持ち、2021年末までにカーボンニュートラルを実現する予定であると同社は述べています。尚、Neterraは、既に100%クリーンエネルギーを使用して事業運営を行っていると述べています。

「これは長期的な方針です。私たちが十分に組織化されていれば、カーボン・ネガティブになることも可能です。これは環境と地球に対する私たちの責任です」Neterra GroupのCEOのNeven Dilkov氏は、同社の持続可能性の目標についてこのように述べています。「我々は、データセンターの利用顧客に再生可能エネルギーを使用する選択肢を提供しており、よって顧客もカーボンニュートラルになることができます」

SDC-2は、Neterraにとって4棟目のデータセンターです。同社はソフィアの2棟のデータセンターのほか、StolnikとRuseにも施設を所有しています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。