Tier

           

関連記事

    Uptime tierと日本のtierの違い – JDCC

    データセンターのTIER基準とは、もともとは海外でデータセンターのクオリティを判断するために、Uptime Institute社により設けられた基準でI~Ⅳの全4段階で評価されます。「Ⅳ」が一番高いレベルとなっており、各評価項目すべて「Ⅳ」のデータセンターをTIER Ⅳ相当のセンターと呼びます。日本では、海外とインフラの安全性や地理的条件など異なることも多いため、日本データセンター協会(JDCC)が日本国内向けのJ-Tier(1~4)という基準を定めています。



    « Back to Glossary Index