Upsite、数分で設置可能なコンテイメントモジュールを発売

データセンターのエアフロー管理ベンダーUpsite Technologiesは、エアフローを遮断し、ホットアイルとコールドアイルの分離を実現するモジュール式コンテイメントシステムAisleLokを発表しました。

製品は構築が容易なため、サイトで迅速な導入が出来るとベンダーは言います。 すでに多くの導入顧客はエアフローの改善を享受しています。

AisleLokは柔軟性を重要視し、ホット/コールドアイル双方に使用できるラックトップアングルバッフルを提供しています。 伝統的な建造物的な製品とは異なり、安価で柔軟性の高いコンテイメントシステムを実現しました。 Upsiteによると、ユニットは規模に合わせて自由に可変・集約でき、構成の変化に応じて完全なシステムの実装を小規模なサーバー室からデータセンター施設全体にまで広げることができるといいます。

また製品は、特別な専門知識が無い人でも数分で設置でき、新規サイトのみならず既存サイトに対しても容易に導入ができます。

モジュラーコンテイメントの主要コンポーネントは、左右ドアとオプションのラックギャップ・パネルのセットです。

オプションのラック上部のバッフルは、30度の角度(水平から)または垂直の90度の角度(水平から)の二種類が用意されています。

全てのコンポーネントは、強力な磁石で直接ラックに取り付けられます。

オープンシール設計により、アイルの過圧を防止し、その「エレガントな」外観は施設にプロフェッショナルな美的価値をもたらします。

「AisleLokは、既存のデータセンターと新しいデータセンターどちらも気流性能を改善するよう設計されています」とUpsiteのシニアエンジニアLars Strong氏は言います。

「AisleLokモジュラーコンテイメントを初めて導入したサイトでは、冷却能力の大幅な改善とエネルギー消費の節約につながりました。」

Data Center Dynamics

原文はこちら (アーカイブコンテンツ)

DC ASIAではUpsite社のAISLELOKを国内で販売しています。製品のお問い合わせはこちらまで