PLC

           

関連記事

    – shutterstock

    高速電力線通信(PLC)はPowerLine Communicationの略で、普通の電力線に高速のデータを乗せて送る技術です。

    海外では高圧線などから一般の家庭に高速のインターネット情報等を分配する手段として開発されましたが、日本において2006年10月より許可されたのは屋内での利用だけです。
    日本では既に光ファイバや ADSL 等で高速インターネットが利用できますが、通常それら情報の入口は各家の中の一ヶ所です。 
    家のどこでにでもある全てのコンセントが情報の出入り口に変わることが出来れば、大変に使い易くなりユビキタスな環境の実現に大きく貢献するでしょう。
    電気機器の発生するノイズに対しても影響を最小にして信号を送る様々なPLC技術が開発されました。 
    またセキュリティ面ではPLC信号自体は暗号化され特殊な変調がかかっていて、盗聴が出来ない仕組みになっています。
    最近では、 データセンター における バスダクト にPLCを活用する例も見られます。




    « Back to Glossary Index

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください