• HPC/AI/量子
  • HPC - スパコン、AI、量子コンピューティングの最新動向
Quantum computer

アルファベット、量子コンピューティングソフトウェアムーンショットのスピンアウトを画策中

Google の親会社が「もうひとつの」量子コンピューティングチームのスピンアウトを画策の報道

Googleの親会社アルファベットが、量子コンピューティングのムーンショットの1つをスピンアウトする予定であると報じられています。

Business Insiderによると、同社はSandbox(Sandbox@Alphabetと呼ばれることもある)のスピンアウトを準備しているとのことです。SandboxはアルファベットのスカンクワークスであるXユニットと密接に関係していますが、そのビジネスとは別であると伝えられています。

Sandboxは、サンタバーバラにあるGoogleの量子コンピューティングチームとは分離しており、ソフトウェアと実験的な量子プロジェクトに重点を置いています。このユニットは現在、ジャック・ヒダリーが率いています。

11月、ヒダリーは、この州でビジネスを行うSB Technologies, Inc.という会社のカリフォルニア州の規制当局への提出書類に署名し、サンフランシスコを拠点としました。その会社に連なるsandboxquantum.comという素っ気ないウェブサイトも、ここ数週間で公開されました。

Wiredは2020年にAlphabet 内に第2の量子コンピューティングチームが存在することを最初に報道しています。Sandboxは、ハードウェアよりも量子アルゴリズムやアプリケーションに重点を置いているようで、同誌は、「ハードウェアは非常に面白い(が、)価値創造の大部分を得るのは本当にソフトウェアだ 」と指摘するヒダリーの言葉を引用しています。

以前のBIレポートでは同社を 『物理学とAIの交差点を探求している 』と表現していたのですが、Sandboxが具体的に何に取り組んでいるのかは明らかではありません。

VentureBeatのレポートは、同社が、Floqと呼ばれる新しいAPIのセットを使用して量子コンピューティングワークロードをシミュレートするために、Googleのテンソル処理ユニット(TPU)などの機械学習&人工知能用に設計された古典的なハードウェアを使用する方法を検討していることを示唆しています。

アルファベット広報担当者はInsiderにこう語りました。「Sandboxは、Googleの量子とAIとクラウドチーム、様々なOther Bets部門を含むアルファベット全体で協力し、技術的な学びを共有します。」

Google は何年も前から量子コンピュータに取り組み、Bristleconeやその他の量子チップを構築してきました。2019年には非常に特定のワークロードで古典的なコンピュータを上回ることができたという、量子至上主義を主張しました。

Google は昨年、サンタバーバラに量子コンピューターデータセンターと研究開発ラボを開設し、2029年までに商用グレードの100万量子ビットの量子コンピューターを構築することを目標としています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。