• HPC/AI/量子
  • HPC - スパコン、AI、量子コンピューティングの最新動向

Google、量子コンピュータデータセンターと研究開発ラボを開設、2029年までに商用システムを計画

Googleは、同社の量子コンピューターを設置し、将来の開発のための研究開発拠点となる新サイトを開設しました。

この新施設は、2029年までに商用レベルの量子コンピューターを開発し、コンピューティングに根本的な変革をもたらすシステムの構築を約束するものです。

アルファベット、量子に大いなる賭け

Googleは何年も前から量子コンピューターに取り組んでおり、Bristleconeやその他の量子チップを開発しています。2019年には、非常に特定の作業負荷において古典的なコンピューターを凌ぐとする量子超越性を主張しました。

「しかし、今日我々が直面している一つの問題は、我々の物理的な量子ビットが非常に脆弱であるということである。宇宙からの宇宙線でさえ、量子情報を破壊することができるのです」GoogleのCEOサンダー・ピチャイ氏は、同社のI/Oカンファレンスでこのように述べました。

そこでGoogleは、量子情報を長期間保持するのに十分な安定性を持つ物理量子ビットを集めて1つの論理量子ビットを形成し、「エラー訂正された論理量子ビット」を構築したいと考えています。

「まず物理ビットの誤り率を減らし、1,000個の物理ビットを組み合わせて1つの論理ビットを作り、さらにそれを1,000個の論理ビットに拡大する。この段階で、10の6乗個の物理ビットで、エラー補正された量子コンピューターが構築できる」とピチャイ氏は言います。

ピチャイ氏は更に続けます。「ロードマップは、Quantum AI Campus と名づけた新データセンターから始まる」サンタバーバラ郡にあるこの施設には、データセンター、研究所、チップ製造工場などがあり、今後数年間で数百人の従業員を雇用する予定となっています。

新施設のリードエンジニアは、「Chips」の俳優マイケル・ペーニャを起用したビデオ映像の中で、Googleの量子技術の進歩と野心について簡単に説明しました。

エリック・ルセロ氏は次のように述べています。「私たちは、すべての量子力学にインスピレーションを与え、未来のコンピューティングがどのようなものかを世界に示すために、このキャンパスを建設した」

「現在までに、私たちは古典的な計算能力を超えて、最初のマイルストーンに到達した」と彼は付け加えます。この発言に対しては、Googleの量子コンピューティングの競合他社や一部の研究者らが反論しており、ワークロードを最適化することでGoogleのシステムと従来のシステムとの差を縮めることは可能だと指摘しています。

そして、それはある非常に特定のワークロードに対してのみであり、あらゆるワークロードに対してではありません。

「今日ここで見ていただいたものはすべて、次のマイルストーンであるエラー訂正済みの論理量子ビットに到達するために使っているものである」とルセロ氏は続けます。「そして、そこから何千もの量子ビットを組み合わせて、私たちはエラー訂正された量子コンピューターを構築していく」

ウォール・ストリート・ジャーナルの取材に対し、Googleの量子AIプログラムの責任者であるハルトムート・ネベン博士は、2029年までに商用グレードの100万量子ビットの量子コンピューターを開発する計画であると話しています。

ネベン博士は、「私たちは今、変曲点にいる」と言います。「私たちは今、確信のための重要な要素を手にしている。そしてロードマップをどのように進めていくかをわかっている」

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。