IBM、次世代量子システムをスパコン「富岳」に連携

米IBMは4月30日、IBMの次世代量子アーキテクチャーおよび量子プロセッサーを、神戸市の理研計算科学研究センターに導入し、専有利用権を提供する計画について、国立研究開発法人理化学研究所(理研)と合意したと発表した。これは、スーパーコンピューター「富岳」と同じ建物に量子コンピューターが設置される初の事例になるという。

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。