NEC、SX-Aurora TSUBASAのベクトルエンジンを販売開始

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

日本電気株式会社(以下、NEC)は19日、High Performance Computing(HPC)関連事業において、カード型ベクトルエンジン(Vector Engine:VE)単体の販売を新たに開始した。

 VEは、NECのベクトル型スーパーコンピュータ「SX-Aurora TSUBASA」の中核コンポーネント。今回、単体での提供を開始するVEは、PCI Express規格サイズのカードに、世界トップクラスの単一コア性能/単一コアメモリ帯域を有するコアを8個内蔵し、1枚で2.45TFLOPS(テラフロップス)の演算性能と、1.53TB(テラバイト)/秒のメモリ帯域を実現している。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください