Metaが2024年に370億ドルのデジタルインフラ投資を計画

ソーシャルメディア企業のMetaは、今年、新たなデジタルインフラに最大370億ドル(約2兆円)を投じる可能性があります。

同社は今週、2023年最終四半期の決算を発表し、12月末までの3ヶ月間の売上高が前年比25%増の400億ドルになったと報告しました。

2023年全体の収益は1,349億ドルで、2022年比で16%増加です。


財務見通しが予想以上に良好であることから、Metaは今後1年間の資本支出(CapEx)を増額し、今後1年間に300億~370億ドルをインフラプロジェクトに投入する見込みです。

同社の Susan Li CFO(最高財務責任者)は株主向け声明の中で、人工知能システムの訓練と実行に必要なハードウェアへの継続的な投資により、支出の増加が必要になると述べました。

「AIと非AIハードウェアの両方を含むサーバーへの投資と、以前に発表した新しいデータセンター・アーキテクチャを備えたサイトの建設を強化するためのデータセンターへの投資が成長を牽引すると予想しています。」

「私たちの新しい見通しは、次世代の基礎研究と製品開発に必要となる可能性のあるものを予測し、私たちのAI容量需要の進化した理解を反映しています。」

「2024年以降についてはガイダンスを示していませんが、私たちの野心的で長期的なAI研究と製品開発への取り組みは、今年以降もインフラ投資を拡大する必要があると予想しています。」

アナリストとの電話会見で Susan Li は、Metaが必要とする設備投資の正確な金額は、AIサービスの需要だけでなく、コンポーネントの入手可能性にも左右されると述べ、AIシステムの訓練と実行の鍵となるGPUなどの技術の供給を「注視」しているとしました。

「その範囲に収まるかどうかは、私が述べた需要と供給の両方の要因の関数です。そして、これは我々にとってかなりダイナミックな計画プロセスであり続けます。」

さらに「不確実性を駆り立てる他の要因」もあると説明し、「新しいデータセンター・アーキテクチャをどれだけ迅速に実行できるか、また、サプライチェーンが今年中にどのように展開するか」などが含まれるといいます。

「私たちの予想では、一般的に、今後数年間はAIの仕事をサポートするためにより多くの投資が必要であり、2024年にはその一部が反映されると見ています」

Metaの新しいデータセンター戦略


Metaは新しい冷却システムと電力管理システムを導入し、AI時代に向けてデータセンターを再設計し、建設コストを31%削減し建設期間も半分に短縮したとしています。

同社データセンター・エンジニアリング担当グローバル・ディレクターである Alan Duong は、昨年のDCDのインタビューで、「私たちは2年ほど前に、この技術の潜在的な規模について壁に書かれた文字を見ていました」と語っています。

同社は現在、アイダホ州クーナとテキサス州テンプルに新しいデータセンターを建設中です。

Metaはまた、NvidiaなどのGPUベンダーへの依存を減らすため、データセンターでより多くの自社製シリコンを使用することも検討していると報じられています。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。