マイクロンとウエスタンデジタル、Kioxia Holdingsの買収に向けて交渉中

米国のメモリ・データストレージ企業であるMicron(マイクロン)とWestern Digital(ウエスタンデジタル)は、ともにKioxia Holdings(キオクシア)の買収を検討しています。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、それぞれの企業が日本のメモリメーカーの買収を競っていると報道しています。

この話し合いでは、Kioxiaの価値は約300億ドルとされています。同社は旧東芝メモリで、現在はプライベート・エクイティ・ファームのベイン・キャピタルにより支配されています。

メモリの統合

遡る事2020年の夏、Kioxiaは、10月までに約200億ドルでの新規株式公開(IPO)を計画していると発表していました。しかし、その後160億ドルに減額され、9月には上場は完全に中止されたといいます。Kioxiaは、ファーウェイに対する米国の輸出規制が同社の収益に影響を与えており、またCovid-19(新型ウイルス)の影響で市場の変動性が大きくなっていると述べています。

しかし、WSJの報道によると、会社売却の試みが失敗した場合、今年後半のIPOの可能性は残されているといいます。

Kioxiaの以前の親会社であった東芝は、アップル、デル、キングストン、シーゲートなどを含むベイン・キャピタルが率いるグループに、60%の株式を180億ドルで売却しました。東芝は40%の株式を保持しています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。