Googleが、アフリカ全域の接続性向上と経済成長の加速に投資

アフリカとオーストラリアを結ぶ初の光ファイバールートを追加

5月24日、Googleは、アフリカ全域におけるデジタル接続の拡大、経済成長の加速、レジリエンスの強化を目的とした、デジタルインフラとセキュリティへの新たな投資を発表しました。

Umojaによるアフリカでの接続性の拡大
アフリカのデジタル接続のリーチと信頼性を高めるため、アフリカとオーストラリアを直接結ぶ史上初の光ファイバールートUmojaを発表します。

ケニアを基点とするUmojaケーブルは、Googleクラウドリージョンを含むウガンダ、ルワンダ、コンゴ民主共和国、ザンビア、ジンバブエ、南アフリカを通り、インド洋を横断してオーストラリアに到達します。Umojaの地上経路は、Liquid Intelligent Technologiesとの協力により、アフリカを通過する拡張性の高い経路を形成するために構築され、他の国々がネットワークを利用できるようにするアクセスポイントも含まれています。

スワヒリ語で団結を意味するUmojaは、EquianoとともにAfrica Connectと呼ばれるイニシアチブに加わります。Umojaは、アフリカ諸国が互いに、そして世界中とより確実に接続することを可能にします。歴史的にインパクトの大きい停電を経験してきたこの地域にとって、既存の接続ルートとは異なる新たなルートを確立することは、回復力のあるネットワークを維持するために極めて重要です。

Africa Connectをアフリカと世界中の人々、企業、政府に提供するために、アフリカとオーストラリアの指導者たちが協力してくれたことに感謝しています。

「信頼性と回復力のあるデジタル・インフラに支えられた最新テクノロジーへのアクセスは、経済機会の拡大に不可欠です。これはケニアのデジタル変革の旅にとって意義深い瞬間であり、本日の発表の恩恵は地域全体に波及するでしょう。」- Meg Whitman駐ケニア米国大使

「デジタル接続に対するGoogleの投資を歓迎し、ケニア、アフリカ、オーストラリアにとって歴史的なマイルストーンとなることを嬉しく思います。新しい大陸間光ファイバールートは、世界と地域のデジタルインフラを大幅に強化するでしょう。特に最近の海底ケーブルの切断による障害を考慮すると、このイニシアチブは私たちの地域と世界との接続の冗長性と回復力を確保する上で極めて重要です。デジタル・バックボーンを強化することで、信頼性を向上させるだけでなく、デジタル・インクルージョン、イノベーション、そして私たちの人々やビジネスにとっての経済的機会を拡大する道を開くことができます」 – ケニア共和国大統領William S. Ruto閣下

「オーストラリアの接続性を多様化し、世界中のデジタル・インクルージョンを支援することは、どちらも非常に重要な目標であり、GoogleのUmojaケーブルはまさにその一助となるでしょう。オーストラリアは、 Googleの投資を歓迎し、この重要な取り組みに携わったすべての関係者を祝福します」- Hon Michelle Rowlandオーストラリア通信大臣

「ナイロビ、カンパラ、キガリ、ルブンバシ、ルサカ、ハラレを含むアフリカの主要都市は、アフリカと世界をつなぐ沿岸の陸揚げ地点から離れた、到達困難な終点ではなくなります。それらの都市は今や、現在ここに到達しているトラフィックの何千倍ものトラフィックを運ぶことができるデータ・スーパーハイウェイ上のステーションです。このプロジェクトが、世界のテクノロジーセンターからどれだけ離れていようと、アフリカ人を誰一人置き去りにしないデジタル接続の未来を実現する一助となることを誇りに思います」。- Strive Masiyiwa、Liquid Intelligent Technologies会長兼創業者

協力関係の拡大
本日のインフラ発表に加え、Googleはケニアの情報通信・デジタル経済省と協力声明に署名し、サイバーセキュリティ、データ主導型イノベーションの拡大、デジタルスキル向上、社会的利益のための責任ある安全なAIの導入における共同取り組みを加速させます。

クラウドを活用したソリューションでサイバーセキュリティを強化
協業の一環として、Google Cloudとケニアは、ケニアのサイバーセキュリティ強化に共同で取り組む意向を表明しています。移民・市民サービス省は、eCitizenプラットフォームの防御を強化するため、Google CloudのCyberShieldソリューションとMandiantの専門知識を評価しています。CyberShieldは、政府が強化されたサイバー脅威能力を構築し、Webに面したインフラを保護し、チームが効果的なセキュリティ運用を推進するスキルとプロセスを開発するのを支援します。

デジタルトランスフォーメーションのメリットを実現
Googleは長年にわたり、安全なテクノロジーインフラへの投資が、アフリカや世界中のコミュニティをつなぎ、教育を拡大し、健全な経済発展を促進する上で重要な役割を果たすことを認識してきました。

2007年に初のサハラ砂漠以南のアフリカオフィスをナイロビに開設して以来、Googleはアフリカ各国の政府と提携し、数多くのデジタルイニシアティブを推進してきました。2021年には、アフリカのデジタルトランスフォーメーションを後押しするため、接続性の向上から新興企業への投資といった様々な取り組みを支援するため、5年間で10億ドルをアフリカに投資することを約束しました。それ以来、Googleはこの地域に9億ドル以上を投資しており、2026年までにコミットメントを達成する見込みです。今週発表された協力関係は、アフリカのデジタルトランスフォーメーション、継続的な経済成長、イノベーションを支援するという私たちの広範なコミットメントを実現するための最新のステップです。

2021年から2023年の間に、Googleの製品およびサービスが、サハラ以南のアフリカ全域に300億ドル以上の経済活動をもたらしたという第三者機関の試算があります。国際金融公社の報告書によると、アフリカのインターネット経済は2025年までに1800億ドルに成長する可能性があり、これはアフリカ大陸のGDPの5.2%に相当します。Umojaのような投資は、この成長するデジタル経済から恩恵を受け、貢献できる人材を育成することと相まって、市民が政府サービスや重要な情報にアクセスできるようにします。また、ビジネスを成功させ、地域経済に持続的な経済成長をもたらすことを可能にします。

スキルの向上
Googleのトレーニングと認定イニシアティブは、起業家がデジタル技術を駆使してビジネスを構築・維持し、地域経済の持続的な経済成長を実現できるよう支援します。例えば、2022年に開始されたGoogle Hustle Academyは、リーダーシップ、ビジネス戦略、eコマースなどのテーマに焦点を当てた5日間のブートキャンプで、ケニアで3,500以上の中小企業の成長を支援してきました。

アフリカで生まれた、アフリカのためのAIイノベーション
ガーナとナイロビにあるAIリサーチセンター、そしてケニアにある製品開発センターを通じて、Googleはアフリカ大陸の課題解決を支援する製品やサービスの開発を続けています。例えば、ケニアでは、Jacaranda Healthと提携し、妊産婦の健康状態を改善するために超音波検査へのアクセスを拡大しました。また、IntelliSOFT、Ona、Medtronic Labsを含むケニアの医療機関と協力し、デジタルヘルスソリューションの相互運用性を強化している。さらに、ケニアにおけるデジタルヘルスイノベーションを支援する取り組みの一環として、カバラク大学とワークショップを実施しています。

Googleは、アフリカ大陸全体でさらなるイノベーションを促進するために、アフリカのコミュニティ、企業、政府との提携にこれまでと同様に取り組んでおり、ケニアとこの地域にとっての次の章に期待を寄せています。

W.Media ( Nick Parfitt 記者)より抄訳・転載

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image.jpeg

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。