ムンタース 、データセンター事業拡大に伴いバージニア新工場に移転

高エネルギー効率の空気処理を提供するスウェーデンのムンタース(Munters)は、データセンター分野の需要増に対応するため、米国バージニア州の製造拠点をロアノーク近郊グリーンフィールドにあるBotetourt Center工業団地内の新工場に移転すると発表しました。

現在、バージニア州ブエナビスタ工場で働く200人のスタッフは全員、365,000平方フィート(34,000平方メートル)の新工場に移動することになります。新工場では、拡大するデータセンター冷却分野での研究開発も行われます。施設は、2022年7月末までにオープンする予定のようです。

ムンタースの北米におけるデータセンター事業は成長を続けており、ヨーロッパ市場でも更なる拡大を考えているといいます。

Data Center Dynamics

原文(全文)はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。