IBMがダラス、メルボルン、ヒューストンのデータセンターを閉鎖へ

IBMは、データセンターのモダナイゼーション(近代化)戦略の一環として、米国内の複数データセンターの閉鎖を行い、そして世界中で更に3か所のデータセンターの閉鎖を計画しています。

IBMは、古い施設は「アップグレードには適さない」としています。

手間をかける価値はない

ダラスのD2、D6、D7、およびヒューストンのH2施設は、10月30日以降利用できなくなりました。

IBMは更に、2020年11月30日には、ダラス DAL7、メルボルン MEL01、シアトル SEA01を閉鎖します。

米国内のワークロードは、ダラスのDAL10、DAL12、DAL13施設に移行され、一方メルボルンのワークロードは、シドニーのSYD01、SYD04、およびSYD05に移行されます。

IBM Cloudは声明の中で次のように述べています。「IBMCloudはデータセンターインフラストラクチャに多額の投資を行っている。この投資では、より高いレベルのネットワークスループットと冗長性を備え、よりレジリエンス力の高いアーキテクチャを持つ新しいデータセンター、及びマルチゾーンリージョン(MZR)の展開を進めている」

「このモダナイゼーション戦略の一部として、アップグレードに適さない古いデータセンターの閉鎖を行っていきます。移行時期が近づくと、最新データセンターへの移行支援に関するヘルプが利用可能になります」

Data Center Dynamics

原文はこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください