StackがVal Milshtein氏をCTOに任命

元 CologixのCIOがStackのCTOに就任

ホールセール事業に注力するコロケーション事業者のStack Infrastructureは、Val Milshtein氏を最初の最高技術責任者(CTO)に任命しました。

Milshtein氏は、2019年3月までCologixで最高情報責任者(CIO)とネットワークサービス部門のSVPを務め、また、ネットワーク企業のLevel3(現在のLumen)にも勤務していました。彼はStackではプラットフォームテクノロジー、顧客サービス、次世代の持続可能なテクノロジーを手掛けます。

Stackが足りない(lack)?

Stackは、当時、投資会社のIPI Partnersはコロケーション事業者InfomartとT5 Data Centersの施設取得後に再編成を行い、急成長するホールセールデータセンター市場でクラウド事業者を対象にサービス提供を行うコロケーション事業者として、2019年の初めに設立されました。Stackは大企業向けにもサービスを提供していますが、T5は引き続きリテールコロケーション市場で中規模企業の顧客向けにサービスを提供します。

Stackのリーダーとして、IPI Partnersは当時CologixのCOOだったBrian Cox氏を雇いました。 Stackは現在別のCologix出身者の雇用に向けて動いているようです。 実際、Milshtein氏は2019年3月にCologixを去りましたが、Stackは設立当初からCTOのポジションは空席てあったため、今回のCTO人事は9か月かけて計画されていたと思われます。

「Valは常に技術トレンドに眼を向け、革新的な方法で主要なプラットフォームを進化させてきた実績がある。彼がStackの一員に加わったことを誇りに思っている」とCox氏は今回のプレスリリースで述べています。

「Stackチームに参加することは、最高にエキサイティングだ」とMilshtein氏は述べています。「強力な技術戦略により、我々はクライアントにより深いサービスレベルと、期待以上のパフォーマンス、可用性、透明性を提供することが可能になる」

混乱の1年であった2020年に、Stackは新たなプロジェクトの構築や資金調達を続けてきました。同社は10月に米オレゴン州ヒルズボロの新キャンパスを着工し、9月には3億2500万ドルの資金を調達しています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。