Facebook、2020年のインフラ支出を大幅に削減

今年初めにいくつかのデータセンター開発の建設を一時停止した後、Facebookはインフラに費やす30億ドルにあたる支出を2021年に延期すると発表しました。

この決定は、Covid-19によって広範囲に避難指示が出され、Facebookのアイルランドのデータセンター建設作業員がインフルエンザのような症状を表した後に帰宅させられたことが起因となっています。

出費の引き締め

Facebookは、当初はインフラ整備に170~190億ドルを投じる予定であったが、現在は建設が「大幅に減少」したため、設備投資は140~160億ドル程度になると予想しています。

同社は、データセンターへの既存の投資で、現在のトラフィック急増に対応できると述べています。

「例えばイタリアでは、当社のアプリ全体で最大70%もの時間が費やされている 。」とマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は収支報告(SeekingAlpha経由)で語っています。
「InstagramとFacebook Liveの閲覧数は1週間で2倍になり、グループビデオ通話の時間も3月に比べて1000%以上も増加した。」

– shutterstock

「この期間に、当社のサービスが安定しており、信頼性の高いものであることを確実にすることが最優先事項だ。利用状況を厳重にモニタリングし、可能な限りデータセンターの容量を追加している。長年にわたってさまざまなサービスをカバーする共有インフラへの投資を行ってきたことで、この期間を乗り切ることができたが、すべてのチームがリモートで仕事をしている間は困難だ。」

費用削減にもかかわらず、Facebookは第1四半期にデータセンター、サーバー、オフィスビル、ネットワークインフラに37億ドルを費やしたと述べています。

また、インドの通信事業者Reliance Jioのほぼ10パーセントの株式を取得するために57億ドルの取引を開始しました。そして個人情報のプライバシー管理能力に関し、ユーザーを欺いたために課された50億ドルの罰金の最終割賦金をFTCに支払いました。

第一四半期には、177.4億ドルの収益と49億ドルの利益を計上しました。時間外取引では、同社の広告事業が安定化しているとの兆しを受け、同社の株式は10%上昇しました。

Data Center Dynamics

原文はこちら