Facebook、新型コロナの影響でアイルランドDC建設を一時中断

報道によると、FacebookはアイルランドのCo. MeathにあるClonee(クローニー) データセンター の拡張工事を一時的に中断しました。

この判断は、今月初めに建設作業員が検査のために搬送された後、請負業者であるMace社との合意により決定されました。作業員が検査で陽性と診断されたかどうかは不明ですが、食堂は徹底的に消毒が行われ、労働者及び周辺コミュニティの健康を保護するために中断が発表されました。Facebookは2016年からサイトの拡大に​​取り組んでいます。

建設業界が論争の高まりに直面しているので、動きは来ます。英国では、住宅建設業者のTaylor Wimpey社とBarratt社が全施設を閉鎖し、政府はすべての重要ではない建設を禁止する圧力を強めています。

作業一時中断

Cloneeは、スウェーデンのLuleå施設に続き、ヨーロッパでFacebookの2番目のデータセンターでした。建築は2016年に着工され、計画は急速に拡大しました。施設は2018年にオープンし、2019年には、2つの新棟でサイトを二倍に拡張する計画が発表されました。

放送メディアRTEで発表されたFacebookの声明によると、「Cloneeの現場にある当社のゼネコンであるMace社と協議し、一時的にCloneeデータセンターの建設を中断すると決定しました。 新型コロナウイルス感染が広がる中、建設現場で働く人々とより広いコミュニティの人々の健康と安全を守るためにこの決定に至りました。」

「安全が確保され次第、再開できることを楽しみにしています。」

一部の請負業者はエリアを保護するために現場に残り、Facebookはこれにより職を失う人々への「感謝ボーナス」を約束しました。

– Facebook

3名の請負業者がインフルエンザのような症状を発症し、3月初旬に検査のために搬送され、サイト内の食堂は完全に消毒をするために閉鎖されました。

Facebookの運用に関わるすべてのスタッフは在宅勤務をするように指示されていますが、不快または違法なコンテンツの投稿のスキャンを行うコンテンツモデレーターは含まれない場合があると報告されています。これらのスタッフは、モデレートする機密情報に関するプライバシー上の問題があるため、オフィスでの業務を継続する必要があるようです。

Data Center Dynamics

原文はこちら