カーボンニュートラルなデータセンター施設、スペインに新設

スペインのエンジニアリング会社Ingenostrum社は、米国のコンサルティング会社TLMグループと提携し、スペインに150MWのデータセンターを開発します。この施設は、西部エクストレマドゥーラ地方のエコ工業団地「CCGreenプロジェクト」内に設置され、外気冷房と地熱冷房システムを併用します。

すでに多くのデータセンター事業者が、自家発電やエネルギー使用量オフセットするための電力購入契約(PPA)を組み合わせてカーボンニュートラルを宣言していいますが、この施設は欧州連合内で初のカーボンニュートラルなデータセンターになると考えられます。

同時にこの工業団地では、120メガワットの太陽光発電所が開発されており、このデータセンターに電力を供給します。また、Tier IV規格に準拠して建設されるため、データセンターのPUEは1.2となります。スペインでは、エクイニクス、NTT、アマゾンなどの大規模なデータセンターの開発が行われていますが、そのほとんどがマドリッドとバルセロナに集中しています。

Digital Infra Network (Elliot Robinson記者)より抄訳・転載

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。