プロロジス社がテキサス州プラノのNTTデータセンター用地にウェアハウスパーク計画

プロロジス(Prologis)は、NTTのデータセンターとオフィスの跡地に産業用倉庫の開発を計画しています。

Dallas Morning Newsによると、この物流大手はBush Turnpike at Custer Roadに64エーカー、8棟の倉庫プロジェクトを計画しており、約100万平方フィート(92,900平方メートル)の広さがあるとのことです。プラノの計画・区画整理委員会はこの計画を承認しています。

プロロジスはDCDに対し、NTTは引き続きこの敷地にテナントとして残るとしていますが、既存のデータセンターが維持されるか入れ替わるかは明言していません。

NTTは2019年初め、2300 W. Plano Parkwayにある100万平方フィートのオフィス・技術複合施設をGI Partnersに売却しています。取引条件は明らかにされていませんが、NTTデータは2つのデータセンタービルを含むこの物件を「長期ベース」でリースバックする予定でした。

NTTデータは2016年、デルから旧 Perot Systems のITサービス事業を30億ドル超の取引で買収した際に、この複合施設を取得しています。デルは2009年に同社を39億ドルで買収しました。

DMN(Dallas Morning News)の報道では2300 W. Plano Parkwayにあった元のキャンパスの一部は2021年に取り壊され、プロロジスの関連会社が2021年末に64エーカー以上の敷地を購入したとのこと。

Googleマップの画像では、一部の建物は更地になっていますが、NTTの建物は多数残っています。しかしDMNのレポートによると、この敷地は完全に更地になるようです。DCDはNTTに詳細な情報を求めている。

プロロジスの広報担当者は次のように述べています。「NTT Data Servicesは、プロロジスの顧客としてリース契約を通じて、現地で業務を継続する予定です。私たちは、この場所での新しい可能性に大いに期待しており、計画プロセスにおいて地域社会と協力していきます。」

この場所は、2017年に銃撃事件の現場となりました。NTTデータの社員ではなく建物に出入りしていたデータセンターの技術者、ジェームス・フレイジャーが発砲により逮捕されました。彼は自動小銃を所持していたと伝えられています。負傷者は出ていません。

倉庫や配送センターなどの産業用不動産は、eコマース顧客の増加に伴い、開発ブームが起きています。このような不動産はデータセンターと似たような性質を持つことが多いため、一方が他方に転化するケースも珍しくありません。

ニューヨークの旧 Speedcast データセンターは昨年、Blackstone の支援を受けた物流会社が2100万ドルで購入し、この施設を取り壊して新しい物流センターを建設する予定です。英国のスタッフォードシャーでは、旧Royal Bank of Scotlandのデータセンターが、物流会社PLPによって取り壊され、新しい倉庫に建て替えられる予定になっています。テキサス州アービングにある旧フィデリティ・インベストメンツのデータセンターは、昨年、産業用スペースに生まれ変わり、売却されました。

多くの物流不動産プレーヤーもデータセンターに進出し、自社で開発したり、オペレーターと提携したりしています。米国では、プロロジスがSkyboxと提携し、既存の倉庫スペースの改修や、不動産会社が所有するグリーンフィールドの土地開発を行っています。



この記事は海外Data Centre Dynamics発のをData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。