マイクロソフト、南アフリカと韓国のAzureリージョンにアベイラビリティーゾーンを追加

ヨハネスブルグとソウルにゾーン追加、ケープタウンなどを廃止

マイクロソフトは南アフリカ北部と韓国中央のクラウドリージョンに、それぞれ3つのアベイラビリティーゾーンを追加しました。さらに 南アフリカの2つ目のリージョンをリストから削除したようです。

リージョンの立ち上げ時には、3つのアベイラビリティーゾーンを設定することが多い一方で、1つのゾーンで立ち上げ、後から拡張するものもあります。

マイクロソフトは、2017年に韓国で2つのリージョン(ソウル中央リージョンと釜山の南リージョン)を立ち上げました。ソウルには現在3つのアベイラビリティーゾーンがありますが、釜山には1つのアベイラビリティーゾーンしかありません。

南アフリカのヨハネスブルグリージョンも3つのアベイラビリティーゾーンを持っていますが、同社は南アフリカウェストとして知られる以前に利用可能だったケープタウンリージョンのリストを解除したようです。

マイクロソフトは2019年、ヨハネスブルグとケープタウンの両方にAzureリージョンを開設しています。ケープタウンのリージョンは2021年の初めに削除され「リザーブドアクセスリージョン」に再分類された可能性があります。(DCDはマイクロソフトのメディアコンタクトに説明を求めています)

最近ではオスロにあるNorway East Azureeクラウドリージョンでアベイラビリティーゾーンを開設しましたが、スタバンゲルにあるノルウェー西リージョンもリストから外しています。

ノルウェーでは2018年に2つのAzure Cloudリージョンを開設する計画を初めて発表し、2019年に2つのリージョンを開設しています。スタバンゲルリージョンは、3月にインフラストラクチャマップから削除されました。同社はDCDに対し、Norway Westリージョンは 「ディザスタリカバリに最適化されたセカンダリ・リザーブドアクセスリージョン 」さらに 「Norway East は、ノルウェーにおける当社のプライマリーデータセンター地域であり、アベイラビリティーゾーンを含め、最も多くの機能とサービスを提供している 」と説明しました。

「Norway Westは、ディザスタリカバリ用に最適化された当社のセカンダリ地域で、データの残留要件や地理的に隔離された特定のリスクや規制コンプライアンスのニーズを満たすためのシナリオをサポートします。これらのリザーブドアクセスリージョンへのアクセスを、以下のサイトに記載された手順でリクエストすることができます。(Azureリージョンのアクセス要求プロセス文書 – Azure|Microsoft Docs)」

オーストラリア中央2(キャンベラ、2018年オープン)、スイス西(ジュネーブ、2019年オープン)、UAE中央(アブダビ、2019年オープン)、ドイツ北(パブリック)北東と中央(ソブリンクラウド)は、いずれも利用可能なリージョンのリストから外れているようです。

DCDは、リザーブドアクセスリージョンについての詳細情報を求めています。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。