• 特集
  • ここでしか読めないオリジナル記事

二股をかける ~物流不動産会社のデータセンター市場への進出状況【特集】

ホームグラウンドでのブームにもかかわらず、物流不動産各社はデータセンター市場に参入

長い間、プライベート・エクイティ投資家は、デジタル・インフラと産業用不動産の双方に投資してきました。そして今、物流に特化した不動産会社が、データセンター業界を成長機会として注目し始めています。

電子商取引が牽引する物流ブームにもかかわらず、これらの企業は、両者が同じ敷地に対する需要が競合する可能性があるとしても、さらなる成長を目指し、急成長するデータセンターセクターにも同時に参入しようとしているのです。

GLP、プロロジス、Segro、ESRといった物流・産業用不動産の大手企業は、データセンターに着目し、その多くは利用可能な ブラウンフィールド と グリーンフィールド 双方の施設や土地を活用していこうと、既存のデータセンター事業者との提携を進めています。

データセンターとロジスティクスのブームが到来

<この続きを読むにはユーザログインが必要です>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。