• 特集
  • ここでしか見れないオリジナル記事

データセンターにおけるロボットの緩やかな台頭【特集】

技術者は、人間のさまざまな欠点を指摘するのが好きです。人間はミスをするし、休憩も必要だし、給料も期待する。

ロボットや自動化は、人間が現在行っている仕事の多くを代行したり広げることができ、従業員は他の仕事をできるようになり、雇用主は労働者数を減らすことができる、と主張します。

しかし、人間にはまだ1つの大きな強みがあります。それは「適応性」です。ロボットやAIの研究に何十億ドルも投じられているにもかかわらず、多面的なタスクを処理したり、突然の状況変化に対処したり、学習して改善したりする人間の能力は、他の追随を許しません。

慎重かつ保守的なデータセンターの利用者にとっては、新しいテクノロジーを全面的に受け入れることは常に難しいことであり、機械化されたシステムを施設内に放っておくという考えには躊躇する人もいるでしょう。

「データセンターやロボットの専門家の多くは、データセンター環境に多くのロボットを配置することに関して、今後2、3年が大きな飛躍の年になると予測している」と、ビル・クライマン氏(現Switch EVP of Digital Solutions)は2013年にこのように書いていました。

<この続きを読むにはユーザログインが必要です>

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。