AWS、日本で三菱と太陽電池PPAを締結~東京・東北の450箇所で22MWの太陽光発電プロジェクト契約

AWSは、日本の三菱と電力購入契約(PPA)を締結しました。

本プロジェクトは、三菱の電力小売事業子会社 MCリテールエナジー が運営するもので、首都圏および東北地方の450カ所以上に合計22MWの地上型太陽光発電プロジェクトを設置します。

すでに建設が始まっており、2022年から2023年にかけて順次運転を開始する予定で、全体で年間23,000メガワット時(MWh)の再生可能エネルギーを発電することができます。

アマゾンは今回の契約が、企業向けPPAを活用した日本初かつ最大の集約型太陽光発電事業になるとしています。

アマゾン ウェブ サービス(AWS)のエネルギー戦略 ディレクター ナット・サルストロム氏 「今回プロジェクトは、アマゾンが2030年までに全世界の事業を100%再生可能エネルギーで賄うという目標を達成するために必要なもので、これにより5年早く目標を達成することができます」

ウエストホールディングスが三菱と共同でこのプロジェクトの建設を担当します。

三菱商事 エネルギーサービス本部 本部長 岡藤 裕治 氏は、次のように述べています。 「Amazonと共同で取り組む本プロジェクトは、三菱商事、日本、そして私たちが共に掲げる再生可能エネルギーへの取り組みに対する大きな一歩となります。 」

「現在、地球規模での気候変動対策の導入が求められており、再生可能エネルギーへの転換による事業活動の二酸化炭素排出量の削減は、多くの企業にとって最優先事項となっています。そのため、三菱商事は再生可能エネルギーの活用拡大を図り、地球の脱炭素化に貢献します」

本プロジェクトは、2017年にアマゾンと三菱子会社のエネコ(2020年3月に三菱が買収)との間で締結されたオランダの洋上風力発電契約に続き、三菱とアマゾンの間で締結された2件目のグローバル企業向けPPAです。

アマゾンがこのニュースを確認する前にPPAを最初に報じた日本経済新聞によると、ウェストホールディングスは不動産所有者に太陽光パネルの設置費用を請求し、アマゾンへの売電によって10年間で投資額を回収するといいます。

日経は5月アマゾンが日本での再生可能エネルギー取引に関心を持っていると最初に報じ、アマゾンが日本で最初の再生可能エネルギー発電所を建設するために、日本の複数の電力会社や商社と交渉していることを示唆しました。

同社は米国および欧州において、再生可能エネルギーを購入する最大の企業であり、全世界で232のプロジェクトに10GW以上の再生可能エネルギーを投資しています。また中国の山東省では100メガワットの太陽光発電所を、シンガポールではSunseapグループと共同で50メガワットの太陽光発電所を開発しており、アジアでは今回の案件が3件目となります。自然エネルギー財団によると日本でのPPA契約は約20件しかありません。

三菱の子会社エネコは アマゾンのみならず、これまでにGoogleやマイクロソフトとオランダの再生可能エネルギープロジェクトでPPAを締結しています。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。