国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場、VMwareとCiscoがシェア首位を維持~IDC Japan調査

IDC Japan株式会社は7日、SDN(Software-Defined Network)に代表されるネットワーク仮想化/自動化の主要構成要素となる、国内ネットワーク仮想化/自動化プラットフォーム市場に関する2020年のベンダーシェアを発表した。

調査によると、国内ネットワーク仮想化/自動化市場をリードするヴイエムウェア(VMware)とシスコシステムズ(Cisco)は、クラウドシフトやネットワーク運用管理の効率化や高度化の需要を捉えながら、市場内での地位を堅持した。

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。