Facebook、印Reliance Jioの10%株式を取得

Googleも同様交渉中

Facebookが、インドの電気通信大手Reliance Jio社の数十億ドル相当の株式取得を完了する段階のようです。

Jio社は600億ドルを超える価値があると見られていますが、3年間で約3億7千万人のユーザを獲得しようと、モバイル通信価格の値下げを行い、現在大きな債務を抱えています。インド最大のコングロマリットであるReliance Industriesの部門は、幅広いコングロマリットから分離され、増資を行い、最終的には単独での株式上場を目指しています。

ロイター通信によると、Facebookは投資家の1社であり、この議論に関して知識のある2名が召喚されているようです。 ある時点で、FacebookはJioの10%の予備的合意書に署名しようとしており、契約は月末、インドの会計年度末に発表される予定のようです。 しかし、新型コロナウイルスの大流行による世界的な封鎖が進む中、タイムラインに影響を及ぼしている状況です。

それがインドで成長する唯一の方法

同じくロイター通信によると、GoogleもJioと話し合いを進めているようですが、どの段階に達しているかについては不明です。

昨年の8月、Jioは データセンター を構築し、 クラウド サービスを共同で提供するために、Microsoft Azureとの10年間にわたる広範なパートナーシップを発表していました。

インドはインターネット利用ユーザが最も多い国の1つであり、歴史的には中国よりもはるかに海外企業に開放されています。しかし、海外のハイテク企業に対するいくつかの制限措置の兆候、特に現在提案が行われている個人情報保護法案が差し迫っている状況です。他の規制の中でも特に、インド国民のデータがインド国内のデータセンター内に保持されることの保証を求めています。

Facebookは、インドに他のどの国よりも多くのユーザを抱えていると考えられていますが、インド国内にデータセンターを所有していません。代わりに、他のコロケーション事業者を使い、国外のサーバにサービスのデータの多くを保持しています。

– shutterstock

「インターネットとプライバシーの未来を考えると、私たちが行う最も重要な決定の1つは、自社データセンターを構築し、人々の機密データをそこに保存することだ。」とCEOマーク・ザッカーバーグは昨年のブログ投稿で話していました

「国内でサービスを提供する事と、そこに人々のデータを保存する事との間には重要な違いがある。私たちは世界中にインフラを構築しているが、プライバシーや表現の自由などに関する人権侵害の実績がある国では、データセンターを構築しないことを選択した。機密データ以外のデータをキャッシュするだけでなく、データセンターを構築して機密データをこれらの国内に保管すると、政府が人々の情報をより簡単に入手できるようになる可能性がある。」

インド政府は長い間、人権、プライバシー、表現の自由を侵害したとして非難されてきました。インドは2019年のデジタル・シャットダウン(閉鎖)について物議を醸している国家でした。英国に拠点を置く調査会社Compritechは、インドが中国とロシアに次いで3番目に大きい監視国家であることを発見しました。同国はまた、長い間WhatsAppのメッセージを監視を要求していました、しかしFacebookは現状それを止めています。

Facebookは、組み込まない国の判断基準を提供していません。「この原則を守ると、一部の国ではサービスがブロックされるか、すぐに他の国に参入できなくなる可能性がある。」と、ザッカーバーグ氏は当時語っていました。「これは私たちが喜んで行うトレードオフだ。一部の国で人々のデータを保存することが、このような重要なインターネットインフラを構築するための十分に安全な基盤であるとは考えていない。」

Data Center Dynamics

原文はこちら