Jeff Bezos氏がAmazon CEOを辞任、後任はAWS CEOのAndy Jassy氏

Amazonの創設者であるJeff Bezos(ジェフ・ベゾス)氏は、Amazon CEOを辞任すると発表しました。

ベゾス氏(57歳)は2021年第3四半期に同社の会長に就任します。後任は、現在同社のクラウド部門で世界最大のクラウド企業でもあるAWSのCEO、Andy Jassy氏に引き継がれます。

ベゾス氏は自身の資金で今後より多くの時間を過ごしていく

「AmazonのCEOになることは深い責任であり、それは大変な責任である。そのような責任があると、他に注意を向けるのが難しい」とベゾス氏はAmazonのスタッフへのメッセージの中で述べました。

「会長として、私は引き続き重要なAmazonイニシアチブに関与するが、Day 1基金、Bezos Earth基金、Blue Origin、ワシントンポスト、およびその他の情熱に集中するために必要な時間とエネルギーを費やしていく。

「これ以上のエネルギーはありませんでした。これが引退する理由ではない。これらの組織がもたらす可能性のある影響に非常に情熱を注いでいる」

1994年にオンライン書店として会社を設立して以来、ベゾス氏は会社を前例のない高みへと導きました。同社は現在約1.7兆ドルの価値があり、eコマース、小売、クラウド、映画、音楽、オーディオブックなどを擁する巨大帝国全体で、2020年の最終四半期に1,256億ドルもの売上を記録しました。

同社のクラウド部門は幸運な出来事でした。同社は成長するビジネスをサポートするために自社のデータセンターインフラ基盤に多額の投資を行い、そこですぐにクラウドサービス事業が稼げることに気づきました。

2006年の創立以来、Andy Jassy氏のリーダーシップの下、AWSは急速に成長し、クラウド市場を支配し、Netflix、CIA、およびインターネット上の驚くべき大きな領域に対しサービスを提供していきました。それはまた、市場シェアを獲得するために損失を出しつつ製品を販売した初期の電子商取引部門を支えるのに役立ちました。

前四半期だけでも、AWSはAmazon全体の売上の10%、利益の52%を占めました。

Jassy氏は、eコマース部門のトップであるJeff Wilke氏と並び、Amazonの後継者として長い間見られてきましたが、Wilke氏は昨年退任を発表しました。

Jassy氏は、これまでで最大の四半期で、新たな高みに成長したAmazonを継承します。しかし、倉庫作業員らが良い処遇を求める活動をし始めていたり、一方AWSはICE、石油大手、その他の不謹慎な企業への協力に関する検閲を受けています。あるいは、世界中の警察機関との監視関係に疑問を呈しています。

昨年末、議会はベゾス氏や他のIT系企業(GAFA)のCEOに対し独占権の濫用の可能性に関する質問を行いました。Amazonの幹部は、会社のデータへのアクセスに関する質問について警戒し、会社がその立場を乱用したという申し立てに対して詳細な回答を提供しませんでした。一部の米国の政治家はGAFAの解体を求めていますが、バイデン政権は、Renata Hesse氏を米国司法省の独占禁止法に関する最高職に据えようと検討しています。Hesse氏はAmazonにWhole Foodsの買収について助言を行い、Alphabet子会社のGoogleに対しても個別に助言を行った人物です。

尚、Amazonの株価は、今回のベゾス氏の発表を受けても大幅に変化はしませんでした。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。