Global Switchが110億ドルで売りに出されている模様

ブルームバーグによりますと、中国の江蘇沙鋼集団(Jiangsu Shagang Group)が、ロンドンを拠点とするデータセンター事業者Global Switchを約110億ドル(800万ポンド)で市場に売りに出しているようです。

江蘇沙鋼は、2016年から2019年までの間の段階的な買収でGlobal Switchを支配下におさめしましたが、香港証券取引所でのIPOに失敗しました。Global Switchは、ヨーロッパとAPAC地域に データセンター を13か所保有し、約40万平方メートルの ホワイトスペース を提供しています。ブルームバーグは、この話し合いは「予備的」なものであり、オーナーが事業者の維持を決定するかもしれないとしています。

作戦をスイッチ

Global Switchは1998年に設立され、2014年からはJohn Corcoran CEOが率いています。元の所有者であった億万長者のDavid及びSimon Reuben氏は、2016年に同社のほぼ半数をElegant Jubileeと呼ばれる江蘇沙鋼主導のコンソーシアムに売却し、その後コンソーシアムは2018年に過半数株式を獲得しました。 江蘇沙鋼自体は2019年に更に24%の追加取得を行いました。2020年11月、同社は深センを拠点とする江蘇沙鋼の部門に譲渡されました。

ブルームバーグは「匿名の情報筋」からこの売却の可能性についての情報を得ており、これは直近で買収した資産を売却した別の中​​国系企業と同じ動きであると見ています。この数ヶ月の間、海航集団(HNA Group)は技術ディストリビューターのIngram Microを売却しています。

一部の中国国有企業は、セキュリティ上の懸念により顧客を失っています。例えばオーストラリアでは、2020年9月までにすべての政府機関をGlobal Switchのシドニーキャンパスから退去するよう要求しました。尚、このデータセンターは、2020年11月に消火システムの問題にも見舞われ、その際少なくとも顧客一社のシステムが停止しました。

もし江蘇沙鋼による売却が成立すると、そこには強力な市場があります。2020年に掛けては、オンラインサービスへの依存度が高まり、現在のデータセンター建設ラッシュが続き、また記録的な買収活動が活発に行われました。Synergy Research Groupの12月のレポートでは、2020年のデータセンター分野における合併及び買収の総額は、2019年の総額の2倍を超える310億ドル近くに上ったとの報告がありました。

その中での最大の取引は、Digital RealtyによるInterxionの84億ドルでの買収でした。これは、2019年時点で成立した取引でしたが、2020年の第1四半期に完了しました。

尚、今回のブルームバーグの記事に対し、 Global Switchと江蘇沙鋼からのコメントはありません。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。