米国コロケーション2022年第2四半期業績:エクイニクス、Digital Realty、American Towerなど

米上場コロケーション企業のエクイニクス、Digital Realty、American Towerはいずれも、2022年第2四半期の最新決算報告で成長率の増加を報告しました。

エクイニクスはxScaleハイパースケール施設での38MWのリースなど、78四半期連続の成長を記録。大阪の施設を1つ閉鎖し、シドニーの施設を売却しました。

Digital Realtyも同様に、小さな成長率を記録しました。アイルランド、バルセロナ、フランクフルト、パリ、ストックホルムで土地を購入。シンガポール上場のREIT、Digital Coreに3施設を譲渡するようです。

American Towerのデータセンター部門は、CoreSiteの買収に基づき上昇傾向。同社は、少なくとも1MWをサポートできるセルタワーのサイトを1,000カ所まで特定したと報告されています。

Switch Inc.、Cyxtera、Iron Mountainは今後数週間のうちに四半期決算を発表する予定。

エクイニクス:引き続き収益が増加、xScaleのリース数が増加

四半期の収益は前年同期比10%増の18億ドルでした。これは78四半期連続の増収となり、S&P500企業としては最長の記録です。純利益は2億1,600万ドル、調整後EBITDAは8億6,000万ドルを計上しました。

エクイニクスの社長兼CEOのチャールズ・マイヤーズは次のように述べています。「当社は2022年上半期に素晴らしい業績を達成し、引き続き強力で安定した業績を達成しています。複雑な世界的マクロ経済や政治情勢にもかかわらず、需要環境と当社のパイプラインは引き続き堅調であり、引き続きお客様であるデジタルリーダーのトランスフォーメーションを支援します。」

同社は現在、21カ国34都市で49のプロジェクトを進行中です。当四半期には、フランクフルト、ロンドン、メキシコシティ、ミラノ、シドニー、東京でプロジェクトが開始されました。

第3四半期には、TR2フェーズ4(トロント)、ME2フェーズ2(メルボルン)、ML5フェーズ2(ミラノ)、IL2フェーズ3(イスタンブール)、MA5フェーズ1(マンチェスター)、MD2フェーズ4(マドリード)、MD6フェーズ1(マドリード)、PA10フェーズ1(パリ)、ZH5フェーズ4(チューリッヒ)などが開始予定となっています。

第2四半期には、チリのEntel社から4つのデータセンターの買収を完了し、第3四半期にはペルーのリマにあるEntelからさらに1つのデータセンターの買収を完了する予定です。

同社のxScaleポートフォリオは現在、全世界で170MW以上をリースしています。現在、11のxScaleビルドが開発中で、そのうち80%以上がプレリースされています。DB6xで10MW、FR11xフェーズ2で14MW、PA13xフェーズ1で14MW、当四半期で38MWがプレリースされました。メキシコシティ3x-1、フランクフルト9x-2、マドリッド3x-1、大阪2x-2は第3四半期中にオープン予定です。

オーストラリアでは、シドニー市ローズベリーのメンモア通り74番地にあるSY8データセンターを売却しました。また大阪にあるOS99も閉鎖した。

ジム・チャノス氏が最近、REIT株を空売りしていると発言したことについて聞かれたマイヤーズ氏は、平静を装っています。

「空売りについては、データセンター市場と様々なプレイヤーの相対的な位置づけについて、理解が不十分であると言わざるを得ない。これは、我々とハイパースケーラーとの間のゼロサムゲームのようなものだという考え方は、市場に対する正確な見方ではないと、私は思います。」

これに対してチャノス氏とリンクしているTwitterアカウントDiogene(@WallStCynic)は、エクイニクスの投資収益率の数字について「別の世界に住んでいる」と非難しています。

Chanos氏は「指標を作り上げれば、数字も作り上げられる」と述べています。

Digital Realty: 緩やかで着実な成長、フランクルトとバルセロナで土地を取得

Digital Realtyの 2022 年第 2 四半期の収益は 11 億ドルで、前四半期比 1%増、前年同期比 4%増。純利益は6390万ドル、調整後EBITDAは6億1100万ドルで、前四半期および前年同期比ともに1%増となりました。

データセンター・ソリューションに対する需要は第 2 四半期を通じて堅調で、ハイパースケール およびエンタープライズ・セグメントの両方が健全に貢献しました」と、最高経営責任者 A. ウィリアム・スタインは述べました。「当社の記録的な開発スケジュールの半分以上が先行リースであり、世界中の多くの市場 で厳しい状況が続いているため、顧客は必要な容量を事前に確保しようと努めています。」

同社は相互接続による 1200 万ドルの寄与を含め、GAAP ベースで年間 1 億 1300 万ドルの賃貸料が見込まれる予約契約を締結しました。また、当四半期には、年換算 GAAP ベースで 1 億 7300 万ドルの賃貸料収入となる更新リースに調印しました。リース総面積は 722,038 平方フィートで、大半は EMEA 地域で合計 1MW を超える契約でした。

第 2 四半期にダブリンにある 8 エーカーの土地を 600 万ドルで取得しました (プロファイルパークの DUB15/16)が、これは最大 40MW の IT 負荷をサポートすることができます。同社は、EirGrid が実施する接続制限の中で、ダブリンでの拡張計画を一時中断していたにもかかわらず、このような結果を招きました。

Interxion のアイルランド事業の MD であるシェイマス・ダンは、5 月にアイルランドの Business Post に対して、「当社はモラトリアムが実施される前に(データセンター拡張用の)土地を購入することをすでに約束していたので、この土地で長期戦を展開するしかないのです」と述べています。

Digital Realtyィは、バルセロナ (BCN1) の 2.4 エーカーを 1100 万ドルで取得し、最大 15MW の IT 負荷をサポートすることができ、フランクフルト (FRA33/34 in Hattersheim) の 34 エーカーは 、6000 万ドルで 、最大 70MW の IT 負荷をサポートします。

第 2 四半期終了後、Digital Realtyは、パリの 38 エーカーを 1100 万ドルで、ストックホルムの 9 エーカーを 4300 万ドルで取得しました。

Digital Core REITはシンガポールに上場し、デジタル・リアルティーがスポンサーを務める純粋なデータセンター REITですが、5280 万ドルの収益と 3540 万ドルの純不動産所得を計上しました。

「データセンターの基礎は、今年上半期を通して改善し続けています」と、Digital Core REIT Management Pte. Ltd.のCEOであるジョン・スチュワートは述べています。「一流のデータセンター市場におけるミッションクリティカルな施設からなる当社の高品質なポートフォリオは、現在の環境下で弾力的なパフォーマンスを提供するのに適した位置にあります。当社の経営陣は、投資家のために永続的な価値を創造することに引き続き注力しています。」

同社は現在、米国内に100%稼働のデータセンターを10カ所所有していますが、今回の決算発表では、フランクフルト、シカゴ、ダラスの施設をスポンサーとしてさらに貢献する計画であることを示唆しています。これらの契約は、第3四半期に締結される予定です。

同REITの第5位の顧客であるSungardは、今年初めに破産保護を申請しました。同社はカナダのトロントにある371 Goughで約37,000平方フィートを借りており、DC REITの総収入の約7.1%を占めています。

同社によると、この顧客はDigital Core REITに対する賃貸債務を継続しており、最近DRTとキャッシュフローサポート契約を締結し、同社は2023年12月31日までこの顧客の破産に伴うキャッシュフローの不足分をDigital Core REITに補填することに同意したとのことです。一方、Digital Core REITは、キャッシュフロー支援を2024年1月1日から2028年12月31日まで無利子で返済することに合意しています。

American Tower:1MWのEdgeサイトを最大1,000カ所

米国REITのAmerican Towerは、総収益が16.3%増の26億7400万ドル。純利益は19.1%増の8億9,100万ドル、調整後EBITDAは13.2%増の16億7,100万ドルでした。

American TowerのCEOトム・バートレットは次のように述べています。「当社は第2四半期に強力な財務および営業成績を達成し、同時に1株当たり2桁の配当成長を実現し、1,500基以上の高リターンのタワーを建設しました。

この回復力は、ネットワーク投資主導の需要が続いていること、当社が世界中で重要な接続をサポートしていること、そして普通株式の公募やストーンピークとの戦略的提携の発表など、当社のCoreSite資金調達の取り組みが成功裏に行われたことを反映しています。

データセンター分野では、同四半期に1億9100万ドルの収益と9700万ドルの利益を計上しました。2021年第2四半期は250万ドルの収益と20万ドルの利益を計上したが、これはCoreSiteの買収前です。2022年第1四半期のCoreSiteの売上は1億8400万ドル、利益は9100万ドル。

同社CFOのロッド・スミス氏は決算説明会で、株式融資とStonepeakへの株式売却に言及し、次のように述べた。「この2つの取引により、当社はCoreSiteのエクイティファイナンスの必要条件を満たしただけでなく、株主価値を最大化し、当社の投資適格の信用格付けをサポートする方法でそれを達成することができました。」

「Stonepeakとの提携により、5Gエコシステムのさらなる発展に伴い、当社の米国データセンター事業全体の成長機会をさらに評価し、資金を調達するためのプラットフォームを構築しました。」

バートレットCEOはまた、セルタワーでのエッジセンター展開に関する同社の計画について説明しました。

「我々はEdge Advisory Boardを設立し、Edge Labを立ち上げています。1MWや2MWをサポートできるサイトの完全な評価を行い、電源と相互接続があれば少なくとも1メガワット以上の容量をサポートできるサイトを1000以上特定しました。」

「私たちは、年末までに、これらのメガワット級施設のいくつかを実際に設立し、建設を開始することを検討しています。この機会を利用しようとする潜在的な参加者全員と話し合っているところですが、それはあくまでも需要に応じたもので、主に米国内で行われるでしょう。」

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。