• 障害情報
  • 世界のデータセンター障害情報をいち早くお届け

カカオ、データセンター火災の影響で来期2,800万ドルの打撃を見込む

第4四半期の業績がさらに悪化する懸念

カカオの収益は今四半期に大きく落ち込み、データセンターの火災で同社のサービスがオフラインになった影響で、次の四半期もかなりの打撃を受ける見通しです。

同社は今週、第3四半期の純利益が1372億ウォン(9680万米ドル)にとどまり、前年同期比84.2%だったと発表しました。しかし報告書によると、この調査結果には、先月サービスを停止させた火災の費用と余波が含まれていないそうです。

カカオのCEOホン・ウンテク  氏は投資家やアナリストに対し、一過性の事故として約400億ウォン(~2800万米ドル)のコストがかかると予想しています。

純利益は減少したものの、同社の売上高は6.8%増の1兆8500億ウォン(~13億米ドル)でした。前年同期比で純利益が減少したにもかかわらず、市場の期待を上回りました。アナリストの予想では、同社の純利益は1267億ウォン(8870万米ドル)でした。

カカオの営業利益が減少したのは、この3四半期で初めてのことです。カカオは純利益の落ち込みについて、昨年、米国のコンテンツ出版子会社であるTapas Media と Radish Media Inc を合併したことに起因するベース効果によるものだとしています。

しかし、カカオトーク、カカオペイ、カカオTが提供するほぼすべてのオンラインサービスに大規模な障害が発生した最初の影響が持続するかどうかは定かでなはありません。Google Financeによると、カカオ社の株価は現在、先月から10.38%下落しています。

カカオはこの事態に対処するため、対策と補償計画に取り組んでいると述べていますが、決まった計画は示されていません。ウンテク氏は投資家やアナリストに、「日曜日までユーザーやパートナーからデータを収集し、その後、補償のガイドラインを発表する予定 」と伝えました。これが正式に決定されるまでは、火災による正確な金銭的影響は確認できません。また、同CEOは、カカオが新サービスの開始を2カ月ほど延期し、停電のフォローアップ措置を取ることに集中すると述べています。

カカオのペ・ジェヒョン最高投資責任者も、広告収入の減少とデータセンター火災の費用のために、第4四半期に同社の収益成長が抑制されることを認めています。

カカオの業務に大規模な混乱をもたらした火災は、ソウルにあるSK Groupの施設で起きました。SK Groupは、SK On社製のリチウムイオン電池が原因で発生した火災の全責任を負っています。現地報道によると、電池の管理システムが火災発生前に2回の警告を出したといいますが、SKはこれを否定しています。

カカオに火災の責任はありませんいが、同社は、単一施設のダウンに対応できるバックアップおよびフェイルオーバー計画を備えていなかったため、サービスの中断をめぐる集団訴訟に直面しています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。