TSMC会長が中国の台湾侵攻に言及「誰もTSMCを武力で支配できない」

TSMCの会長は中国が台湾に侵攻しても、占領軍が同社のチップ工場にアクセスすることはないと主張しています。

同社は世界最大の受託半導体メーカーで、中国を含む世界中の産業が同社のチップに依存しています。

今回のCNNでの発言は、米国下院議長が台湾を訪問し北京から非難を浴び、緊張が高まっているときに行われたものです。

TSMC会長Mark Liu(劉徳音)氏は、「TSMCを武力でコントロールすることは誰にもできない」と語っています。「軍事力や侵略を受けたら、TSMCの工場は操業不能になる。これほど高度な製造施設なのだから。」

劉氏によると、これは単にTSMCが侵略者との連携を拒否しているという問題ではなく、グローバルなサプライチェーンとサポートシステムの現実です。

「TSMCは、世界とリアルタイムでつながっています。欧州、日本、米国とつながっているのです。材料から化学物質、スペアパーツ、エンジニアリングソフトの診断まで、この工場を稼働させるためには、みんなの力が必要なんです。だから、もし武力で占領したら、全体のオペレーションが不可能になります。」

米国の軍事学者は今年初め、台湾は抑止力として、中国の侵略を受けたら「焦土政策」を採用し、自国の半導体ファウンドリを一掃すべきだと述べています。

さらに中国が同社のビジネスの約10%を担っており、中国の企業はTSMCの製品に依存していると付け加えました。「彼らがTSMCを必要とするならば、それは悪いことではない 」と劉氏は言います。「当社の業務がストップする中国に大きな経済的混乱が起こるだろう。突然、彼らの最も先進的な部品が消えてしまったらどうなるか。よく考えることです。」

劉氏は戦争の可能性をロシアのウクライナ侵攻と比較し、両者は全く異なる状況であるが、学ぶべき教訓があると指摘しました。「ウクライナ戦争は、どの側にとっても良いものではなく、負け、負け、負けのシナリオであり、それを教訓にして台湾を見るべきです。どうすれば戦争を回避できるのか。」

同氏は同時にTSMCの操業が停止することは、台湾経済だけでなく中国や世界にも大きなダメージを与えるが、侵略された場合に最も心配しなければならないことは他にもあると指摘しています。

「この侵略、その後に来るのは世界のルールベースの秩序の破壊です。地政学的な風景は全く変わるでしょう。」

CNNのインタビューは、中国と台湾の間の緊張が高まっているときに行われました。

米国のナンシー・ペロシ下院議長は、中国が自国の国家であることを認めず、その代わりに分離独立した省であると主張している台湾を訪問したのです。

中国の王毅外相は、米国は「いわゆる民主主義を口実に中国の主権を侵害している」と述べました。「火遊びをする者は良い結末を迎えることはなく、中国を怒らせた者は罰せられるだろう 。」

この外遊を受け、中国は台湾との国境で数回の軍事訓練を開始し、世界で最も交通量の多い水路の近くでミサイルを発射しました。中国国防省は、この訓練は台湾の領海を通過する可能性が高いと述べています。

台湾はまた、国家が支援したとは確認できていないものの、複数のサイバー攻撃に見舞われました。台湾のセブンイレブンはハッキングされ、ペロシを温情主義者と呼ぶ簡体字のメッセージが表示されました。

今回の訪問は、米国の公式な曖昧さ、つまり台湾が実在する国であることは認めないが、そうでないとも言い切れないという方針とは対照的です。

7月、バイデン大統領はこの訪問についての質問に答えて、こう述べています。「軍部は現状ではそれがグッドアイデアではないと考えている。しかし、私はその状況を知らない。」

ホワイトハウスはその後、この訪問について公式にコメントすることを拒否していましたが、非公式にはジャーナリストに対して不快感を伝えています。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。