オラクル、米国でレイオフを開始

オラクルが、米国で従業員のレイオフを開始しました。

今後数週間のうちに、ヨーロッパ、インド、カナダでさらなるレイオフが予定されています。

 The Informationが最初に報じた今回のレイオフは、同メディアがOracleが10億ドルのコスト削減を計画し、世界中で大規模なレイオフを実施することを明らかにしてから1カ月後のことです。

今回の対象はサンフランシスコのベイエリアの従業員ですが、レイオフ人数は明らかにされていません。

Bloombergによると、ジュニアセールス社員や事業部セールスディレクターが解雇され、カスタマーエクスペリエンス部門の人々も解雇されたと伝えています。

今回の人員削減は、オラクルが過去最大の買収である283億ドルでの医療IT企業Cerner社の買収を完了した後に行われました。

世界的な経済不安が高まる中、先月もマイクロソフトが多数の従業員を解雇し、メタは管理職に解雇候補リストを要請し、グーグルは採用活動を減速させました。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。