• エッジ
  • 加速するエッジコンピューティングの最新動向

EdgeMicro社が会社清算との報道

エッジデータセンターのスタートアップ破綻か

Light Reading誌は「複数の業界関係者」の話として、同社が「最近清算に入った」と報じています。DCD は同社、同社の役員、および数名の従業員に連絡を取り、詳細を確認しています。

EdgeMicroは、セルタワーにマイクロデータセンターを展開する計画で2017年に立ち上げられ、シュナイダー製のマイクロデータセンターを使用して、全米のTier 2都市にある400のセルタワーサイトを展開する計画があると主張していました。

同社は、2019年にテキサス州オースティン、フロリダ州タンパ、ノースカロライナ州ローリーの米国南部に3つのデータセンターを展開し、2020年にはクリーブランド、インディアナポリス、メンフィス、ヒューストン、ピッツバーグへのさらなる展開を発表しました。

同社は元シュナイダーエレクトリック社の幹部であるMike HagenとGreg Pettineが率いています。元CyrusOne社の幹部であり、Quantum Loophole社の創業者であるJosh Snowhornは、以前は創業者、最高戦略責任者、同社諮問委員会のメンバーとして記載されていましたが、数年前から同社には関与していません。2020年に500万ドルを調達し、合計で1,100万ドルを調達しています。

EdgeMicro社は、この報道について公式なコメントを出していません。同社のウェブサイトは2021年9月以降更新されておらず、LinkedInのページも削除されています。

LinkedInにEdgeMicro社の従業員として登録されている多くのスタッフは、2021年9月から11月の間に同社を離れ、他の企業で新たな職務に就いています。

EdgeMicro社の幹部は、Light Readingの質問への回答を拒否したと報じられています。DCDは、EdgeMicro社、Hagen氏、Pettine氏に詳細を問い合わせているところです。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。