• Covid-19
  • 新型コロナ関連特設ページ

米バージニア州、ネバダ州、カリフォルニア州が、通信・IT系労働者にワクチン優先接種を提供

更にアーカンソー州、コロンビア特別区、イリノイ州も。しかし、本当に必要とする人が最初

米国のいくつかの州では、Covid-19パンデミックの中で不可欠な労働者と見なされていた通信・IT系スタッフに対し、ある程度の優先順位でのワクチン接種の提供を計画しています。

アーカンソー州、カリフォルニア州、コロンビア特別区、イリノイ州、ネバダ州、バージニア州は、ワクチンの一般提供に先立ち、IT系労働者へのワクチン接種を行いますが、IT労働者の優先順位は高齢者、基礎疾患のある人、 あるいは医療従事者など最前線で働く労働者の次となります。

各州で異なる計画

変異する可能性のあるウイルスの性質や政治的環境の不確実性を考えると、各州のワクチン計画は変更される可能性がある点に注意することが重要です。しかし、最新のワクチン接種計画では、各州は、初期のワクチン受益者のリストに通信・ITワーカーを含めると述べています。

一般的なリリースに先立ち、各州は、健康上や年齢的な理由、あるいは仕事上で人々と接触する危険にさらされている個人を対象とするいくつかの小さな段階を踏むことを計画しています。

(原文から一部抜粋)

Data Center Dynamics

原文(全文)はこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。