デジタル・リアルティ、アトランタに10階建て、30万平方フィートのデータセンターを計画

デジタル・リアルティは、米国ジョージア州アトランタに4つ目のデータセンターを計画しています。

BisNowが最初に報じたところによると、デジタル・リアルティは、56 Marietta Street の同社既存施設に隣接する新データセンターの建設申請書をアトランタ市に提出しました。

同社は延床面積約30万平方フィート(27,900平方メートル)、約13万平方フィート(12,100平方メートル)のホワイトスペースを持つ10階建ての新施設の開発を目指しています。(所在地は10 Forsyth Street NW)

この土地は現在、駐車場となっています。デジタル・リアルティの提案に対するヒアリングは8月上旬に予定されています。

デジタル・リアルティの広報担当者ヘレン・ブリーズデール氏は、Bisnowに対し次のようにコメントしています。「アトランタの市場をリードするデジタル・リアルティのコロケーションと相互接続ソリューションに対する需要は、依然として堅調。デジタル・リアルティは、顧客の増大するニーズに対応するため、グローバル・プラットフォームの拡 大に引き続き取り組んでいる」

デジタル・リアルティの既存の56 Marietta Street施設は、10フロア、153,000 平方フィートで、最近大部分がAmerican TowerからCoreSiteへ所有権が移管された55 Marietta キャリア・ホテル の向かいに位置しています。

エクイニクスは最近、2024年のリース終了時にこの施設から撤退すると発表しました。この施設は、「当社の顧客や当社の企業基準における将来の運用、拡張、持続可能性のニーズを満たさない可能性がある」撤退施設の1つであるとしています。

デジタル・リアルティは、アトランタ地域に他にも2か所、250 Williams Street NW近隣に9階建て、18,000平方フィートの施設を、西側のAustell、101 Aquila Wayに313,000平方フィート、28.8MWの施設を保有しています。

この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。