Amazon、オランダの380MW風力発電所から最大規模の再エネ購入

クラウドとeコマース最大手のAmazonは、オランダで建設中の巨大洋上風力発電所との380MWの再生可能エネルギー契約に署名しました。

2024年以降、AmazonはHollandse Kust Northアレイの759MW出力の半分(Shellから250MW、Enecoから130MW)を購入します。

巨大な風力購入

ShellとEnecoは、合弁事業会社であるCrossWindを通じて、現在、オランダの海岸から18.5 km(11.5マイル)離れた沖合いに69台の巨大なSiemens Gamesa SG 11.0-200DD風力タービンを設置しています。

洋上風力発電所には5つの技術デモンストレーションも含む予定であるとCrossWindは述べています。「これらは、フローティングソーラーパーク、短期間のバッテリー貯蔵、最適化されたタービン、及び更なる貯蔵技術として電気分解によって作られた「グリーン水素」などである」

「更に、このプロジェクトは、風の状態に関係なく継続的な電力供給を確保するために、これら対策の組み合わせを実証する機会を提供している」

Amazonは、同社のヨーロッパ事業におけるエネルギー消費を相殺する目的でこの再生可能エネルギーを活用していくと述べています。同社は、電力購入契約を通じて、2025年までに100%再生可能エネルギーの達成を計画しています。 また、2040年までにネットゼロエミッション(CO2排出量実質ゼロ)達成を目標としています。

「Amazonは明確なClimate Ambition(気候への野心)を持っている、そして我々は洋上風力発電所Hollandse Kust Noordが生成する再生可能エネルギーの提供によって、彼らの目標に貢献できることを誇りに思う」とEnecoの最高戦略成長責任者であるKees-Jan Rameau氏は述べています。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。