エクイニクス、シリコンバレーに新データセンターを開設、Bloom Energy燃料電池を主要電源に採用

エクイニクスは、6月30日にシリコンバレー・キャンパスに1億4,200万ドルを投じた新データセンターを開設します。

SV11では、第一フェーズとして、1,450ラックを収容可能な61,000平方フィート(5,667平方メートル)のコロケーションスペースが提供されます。完成時には2,950ラックの収容が可能とされています。

また、既存のブルームエナジー社製燃料電池の導入を拡大し、キャンパス全体で20MWの容量を確保する予定です。

天然ガスを燃料とするこの燃料電池は、プライマリ発電として使用され、商用電力系統や発電機はバックアップ電源となりますが、これはエクイニクスにとって初の試みです。

尚、施設の設計上の電力使用効率(PUE)は1.17となっています。

施設はSV1、SV5、SV10に隣接し、他のサンノゼ施設とクロスコネクト接続されています。ちなみに同社はシリコンバレー全体では、14か所のデータセンターを運営しています。

451 Researchのシニア・リサーチ・アナリストであるステファニー・ウィリアムズ氏は次のように述べています。「カリフォルニア北部のマルチテナント型データセンター業界は、過去数年間にわたって安定した需要が続いており、この成長は近い将来も続くでしょう」

「クラウドやソフトウェア、ゲームなど、あらゆる種類のIT企業が、接続性や、クラウド、パートナー、ユーザーへの近接を求めている。エクイニクスは、シリコンバレーでのプレゼンスを拡大することで、デジタルインフラに対するこうした顧客の潜在的な要求に応えるとともに、社内のサステナビリティ目標に沿った施設の設計・運営に注力していく」

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。