富士通クラウドテクノロジーズ、 「ニフクラ」「FJcloud-V」で新たな西日本リージョンを提供

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社は17日、パブリック型クラウドサービス「ニフクラ」および「FJcloud-V」について、西日本エリアの新しい リージョン 「west-2リージョン」を3月17日から提供すると発表した。これにより、ユーザーは西日本エリアでも、最新機能やサービスを利用できるようになる。

 ニフクラでは現在、東日本・西日本・北米の3つのエリアに6つのリージョン(east-1,2,3,4,west-1,us-east-1)を展開している。企業のDXへの取り組みの増加により契約数が前年同期比263%と拡大し、現在では8000件以上の顧客に利用されており、こうした利用拡大を背景として、ニフクラでは新たな西日本リージョンの提供を開始する。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。