IIJ、マルチクラウド環境のセキュリティリスクを可視化する「IIJ CSPMソリューション」を提供

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

株式会社インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は18日、AWS(Amazon Web Service)やMicrosoft Azure、GCP(Google Cloud Platform)などの各種クラウドサービスで構築した複数のシステムの設定を一元管理し、設定の不備を検出することでクラウド環境のセキュリティリスクを可視化する「IIJ CSPMソリューション」を提供開始した。

 IIJ CSPMソリューションは、クラウドシステムの設定を常時監視し、セキュリティ設定が正しい状態かどうか、ポリシーに沿っているかを確認する「CSPM(Cloud Security Posture Management:クラウドセキュリティ状態管理)」を提供するソリューション。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。