NTT Com、欧州「GAIA-X」との接続を実現するプラットフォームを実証

ニュース提供元:クラウドWatch/データセンター完全ガイド

NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)は8日、欧州が自国・地域のデータ主権保護を目的として構想を進めているデータ流通基盤「GAIA-X」について、GAIA-Xの中核を構成する技術「IDSコネクター」と、相互接続を可能とするプラットフォームのプロトタイプを開発したと発表した。

 脱炭素社会の実現やSDGsの早期達成、産業力の維持・向上など、あらゆる課題の解決を行う上で、データ利活用は欠かせないものとなっている。一方で、企業・国家機密の流出防止、データ主権の保護のため、データの越境流通や利活用を管理・規制する法制度や技術整備が世界各国・地域で進んでおり、そのひとつが欧州で進められているGAIA-Xとなる。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。