Google、Microsoft、QualcommがNvidiaのArm買収について懸念を表明

Google、Microsoft、およびQualcommは、独占禁止法当局に対し、Nvidiaの400億ドルのArm買収に介入するよう要請しました。

ブルームバーグCNBCは、上記企業らがArmチップテクノロジーへの平等なアクセスを継続できるかどうかを懸念していると報道しています。

ヒートアップするチップ戦争

ブルームバーグは、少なくとも1社がこの取引を完全に阻止しようとしている、と報告しています。

Qualcommは、連邦取引委員会、欧州委員会、英国の競争市場局(CMA)、および中国の市場規制局に対し、取引を調査するように指示しました。

今月初め、チップのスタートアップGraphcoreは、英国のCMAに買収を阻止するよう要請しました。米国では、連邦取引委員会が買収に関する詳細な調査を開始し、影響を受ける関係企業に情報を求めています。

チップの設計および販売を行うNvidiaとは異なり、Armは、Microsoft、Google、Qualcommなどの他の企業にチップ設計をライセンス供与しています。

このアプローチは、Armにとって販売チップあたりの収益が大幅に少なくなることを意味しますが、最終的にはより多くの製品が生まれることも意味します。

「私たちはオープンライセンスモデルと顧客の中立性を維持し、世界中のあらゆる業界の顧客にサービスを提供し、Nvidiaの世界をリードするGPUおよびAIテクノロジーでArmのIPライセンスポートフォリオをさらに拡大していく」とNvidiaのCEO、Jensen Huang氏は昨年9月の買収発表時にこのように述べていました。

2020年第3四半期だけでも、Armとそのシリコンパートナー企業は67億個のチップを出荷しました。これは、1秒あたり842個に相当します。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。