英国政府が中国によるNewport Wafer Fab買収の決定を再び遅らせる

新政府内閣改造に伴う意思決定の麻痺

英国政府は、中国企業が英国最大の半導体工場を買収できるかどうかの判断を先送りしました。

中国系のNexperiaは、2021年7月にNewport Wafer Fabを6300万ポンド(7700万ドル)で買収すると発表しましたが、その後、この取引は保留されました。

ボリス・ジョンソン首相(当時)は昨年、メディアの注目を受けて国家安全保障顧問のスティーブン・ラブグローブ卿に買収を検討するよう要請しました。5月には、オランダに本社を持つのNexperiaを所有する中国企業Wingtechのトップが英国を訪れ、政府高官を取り込もうとしました。

この試みは成功しなかったようです。この訪問の後、1週間後に公式の「完全な国家安全保障評価」が開始されました。この評価は、当時のクワシー・クワーテング商務長官が主導し、当初は30営業日とされていましたが、7月にさらに45日延期されています。

この最新の期限も守られず、審査は10月3日にずれ込んだのです。

「国務長官は、Nexperia BVによるNewport Wafer Fabの買収に関して、国家安全保障・投資法に基づく最終命令を出すかどうか、出すとすればどのような規定を含むべきかを検討するための任意期間に合意した」と政府広報担当者は声明で述べています。

今週、 クワーテング は、リズ・トラス新首相の下で、英国の財務大臣に任命されました。ジェイコブ・リース=モグは、 ビジネス、企業および規制改革大臣になりました。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。