米国が中国への半導体とチップ製造装置の販売禁止強化計画

米国が情報提供書簡を通じて徐々に展開してきた禁止措置を具体化

バイデン政権は、半導体とチップ製造ツールを含む米国機器の中国への販売制限を拡大する計画です。

Nvidiaが、中国への2つのハイエンドGPUの輸出を停止するよう言われ、四半期に約4億ドルの売上損失を被ったと発表してからわずか数週間後に、追加制裁のニュースが伝えられています。

商務省がさらなる規制を発表する予定ですが、この規制はこれまで米国企業のKLA、Lam Research、Applied Materialsに書簡で伝えられていた、と関係者はロイターに語っています。

この書簡は、14ナノメートル以下のプロセスで高度な半導体を生産する中国の工場に、商務省の許可を得ない限りチップ製造装置を輸出することを阻止するものでした。

NvidiaとAMDも受け取ったこのような「通知書」は、受け取った企業にのみ適用されます。今回の規制強化は、そうしたツールの販売に関与する可能性のあるすべての企業を対象とします。

新しい規則はまだ具体化されていませんが、射程に入るチップを改良したサーバーの出荷にライセンス要件を課す可能性があるとみられています。

このルールは、来月にも明らかにされる見込みです。



この記事は海外Data Centre Dynamics発の記事をData Center Cafeが日本向けに抄訳したものです。



関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。