ウォルマート、TikTok買収へマイクロソフトと連携

米ウォルマートはTikTokの米国部門の買収に向けてマイクロソフトとの連携を発表しました。

CNBCが最初に報告したこのニュースは、ドナルド・トランプ大統領が命じた、TikTokの米国事業の強制売却をめぐる最新の動きです。大統領令では、11月中旬までに米国企業に売却されない限り、米国市場からブロックされるとしています。尚、売却額は2000万ドルから3000万ドルの間になると予測されています。

オールウェイズ・ロープライス?

ウォルマートは声明で次のように述べています。「TikTokが他の市場でeコマース機能と広告機能を統合した手法は、市場のクリエーターとユーザにとって明らかなメリットである。マイクロソフトとの連携によりTikTok USとの関係性を築けば、この主要な機能を追加し、オムニチャネルの顧客にリーチしサービスを提供でき、弊社のサードパーティ・マーケットプレイス(ウェブベースのプラットフォーム)と広告ビジネスを成長させるための重要な道筋をウォルマートに提供すると信じている。ウォルマートとマイクロソフトのパートナーシップは、米政府の規制当局の懸念を満たしつつも、米国のTikTokユーザの期待も満たすと確信している」

このニュースは、TikTokのCEO ケビン・メイヤー氏がトランプ政権からの政治的圧力を理由に辞任を表明した直後に発表されました。

今回のマイクロソフトとの共同入札のニュースの発表を受けて、ウォールマートの株価は5%上昇したとFinancial Timesは伝えています 。

TikTokの買収はトランプ大統領の明らかなお気に入りとされるオラクルも狙っています 。

もしウォルマート、マイクロソフト連合がTikTokを買収すれば、彼らは広告を何百万ものユーザに提供できるようになります。

同社は現在、米国にデータを保管し、シンガポールにバックアップを保管しています。TikTokはまた、ヨーロッパ地域ユーザのデータ保管用として、アイルランドダブリンに新しいサイトを構築する計画を発表したばかりです。

Data Center Dynamics

原文はこちら

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください