Googleがアフリカとヨーロッパを繋ぐ海底ケーブル”Equiano”を発表

Googleは、アフリカとヨーロッパを結ぶ新しいプライベート海底ケーブルを発表しました。Equiano (イクイアーノ) は当初、ポルトガルと南アフリカを結び、分岐点はナイジェリアおよびその他のアフリカ諸国に計画されています。

ケーブルの敷設は 2021年までに Alcatel Submarine Networks 社によりおこなわれ、 ヨーロッパとアメリカ間を結ぶDunant(デュナン)、およびアメリカとチリ間を結ぶCurie(キュリー)に続く Googleの3番目のプライベートケーブルとなります。Googleは現在、合弁事業を含む14の国際ケーブルプロジェクトに投資を行っています。

興味深い談話

このケーブルには、西アフリカ諸国が戦略的に配置した9つの分岐点がありますが、現時点で上陸が予想されている場所はナイジェリアのラゴスだけで、 2021年に南アフリカへの接続が稼働を開始した後に追加される予定です。

このケーブルには、海底ケーブル向けの新しい技術である space-division multiplexing ( SDM )が実装されています。SDM技術は、大西洋横断のDunant(デュナン)ケーブルで初めて使用されたと、Googleのブログで述べられています。海底ケーブルにはリピータ(信号が遠端に到達するようにケーブルの長さに沿って配置されたレーザー)が必要で、海岸線から給電をする必要があります。現在、リピータは専用のシングル・ファイバ・ペアにする必要がありますが、SDMではそれらをファイバ間で共有できるため、ケーブルが多様化し、光スイッチング性能が向上します。

– Google

Googleのブログ によると、「Equianoは、従来の波長レベルスイッチングのアプローチではなく、ファイバ・ペアレベルで光スイッチング技術を組み込んだ最初の海底ケーブルになるでしょう。」と述べられています。そして、Equianoは、以前この地域に敷設されたケーブルの20倍の容量を持つと主張しています。

歴史的な名前

新しいケーブルは、ナイジェリア生まれの作家で 奴隷制度廃止主義者であった、 Olaudah Equianoにちなんで名付けられました。 彼は少年時代に奴隷として過ごしましたが、のちに自由を得ました。

彼の著書『オラウダ・エクアノの生涯の興味深い物語(1789)』は反奴隷制運動に大きな影響を与え、アフリカ人作家の著書としては、始めて西側諸国で広く読まれました。

Googleの他のケーブルも、ノーベル賞を受賞した科学者Marie Curie(マリ・キュリー)にちなんで命名されたり、また、赤十字を創設したスイスの実業家であるHenry Dunant(アンリ・デュナン)については、第1回ノーベル平和賞を受賞し、そしてジュネーブ条約制定に影響を与えた人物です。

– Google

Facebookは、「Simba」と呼ばれるヨーロッパからアフリカへのケーブルの構築を計画しているようです。

Data Center Dynamics

原文はこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。