Lenovoが強力なワークロード向けに新しいAIサーバを発表

中国のメーカー、Lenovoは、AIに特化したサーバの新製品ラインアップを発表しました。

新しいThinkSystem SR860 V2およびSR850 V2サーバは、データセンター向けに設計さており、インテルXeonプロセッサを搭載し、インテルディープラーニングプラットフォームをサポートしています。

Lenovoのデータセンターグループ(DCG)は、この新製品は、一般的なデータ管理上の課題を簡素化し、ニューラルネットワークを加速するとコメントしています。

Artificial Intel

製品は、SAP HANAのようなプラットフォームのようなビジネスアプリケーションとの組み合わせての利用が想定され、Intelプラットフォーム上でAIを構築し、企業に価値あるビジネス分析モデルを生成します。

860と850はどちらも、Intelの第2世代Xeonを搭載していた旧モデルを再設計したものです。

Lenovoは声明で次のように述べています。「ユーザの高性能ワークロードを加速し、効率を向上させるため、新しいThinkSystem SR860 V2およびSR850 V2サーバには、最新のハイエンド処理およびメモリ機能や、2倍のNVMeストレージ容量を持たせた。」

サーバは、最新のIntel Xeonスケーラブルプロセッサ、オンボードストレージは24個から48個の2.5インチドライブに増加、GPUのサポート(最大 4 個のダブルワイド 300W GPU 、または8個のシングルワイドGPUを使用可能)、 Intel Optane Persistent Memory 、そしてLenovoのDBシリーズSANスイッチとの互換性を持ちます。

Data Center Dynamics

原文はこちら