Sungard AS、記録的な速さで破産事業を再建、新CEOを任命

” 債権者が現在の事業を引き継ぐ予定 ”

Sungard Availability Services(Sungard AS)は、連邦倒産法第11章の再編から1日足らずで誕生しました。これは、 この種の取引では米国の記録に残るものです。

同社は水曜に、第11章保護をニューヨーク南部地区破産裁判所に提起しました。その後20時間以内に、Robert Drain判事はSungardの債務を2/3に減額する提出を承認しました。

クイックマネー

Blackstone Group LPのGSO債務投資部門、Angelo Gordon&Co.、Carlisle Group、Contrarian Capital Managementを含む債権者が、会社を支配します。

Sungardは、申請前に多数の債権者から当計画に対する支持を得ていたので、迅速に再建を進めることが出来ました。

第11章の保護は、会社の事業運営を債務者に引き渡しながら会社が資産を再編することができる連邦破産法の一部です。

– Sungard

同社が再建を申請した際、14億ドル相当の負債と4億9,600万ドルの資産を記録しました。Sungardは現在、この債務を8億ドル削減し、債権者から流動資産で1億ドルを得たと述べています。

また同社は、9年間務めたAndrew A.Stern氏の後継としてMichael K. Robinson氏を新しいCEOに任命しました。彼は以前、アメリカの通信会社BroadviewのCEOでした。

Robinson氏は次のように語っています。「ニューヨーク南部地区連邦破産裁判所が昨日承認した組織再編計画により、Sungard ASは当社の投資と成長計画を支える持続可能な資本構造を持つ強力な企業として復活します。」

Data Center Dynamics

原文はこちら